スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枠組みノート

憲法の枠組みノート(総論編)が完成
素材は

宍戸連載+憲法上の権利の作法をベースにして
芦部、高橋、4人組、百選、争点
で補充。

これで論じる枠組みと枠の中で論じる内容の方向性についてはOK.


あとは個別人権、論点の枠組みとして各論編を作成しようっと。
スポンサーサイト

公法系強化月間

行政法

桜井橋本は舌足らずな部分が結構ある。
論文でそれが致命傷になった人も多いし、試験委員も桜井橋本が戦犯だと言っていた。
とはいえ、桜井橋本がダメな本なのではなく、
読んでいて、何か引っかかったところや、よくわからないところ、ホント?と思うようなところでは
塩野や宇賀などを参照してフォローすればよいとこのこと。

以下新試のネタバレあり。注意。


たとえば、H19年度の新司法試験の原処分主義と裁決主義はでは、
裁決主義についての記述が薄い。行訴法10条2項の説明のところで裁決主義という言葉が出てこない。
平成20年では、当事者訴訟でも仮処分はできるということが44条の説明とのところで見えにくくなっている。

ということで、利用法に注意が必要。
事例研究行政法など、問題に沢山当たって、その都度補充していけばリスクは減る。


憲法

憲法は、教科書の知識を入れていくのは当然として、
やはり生の事実から憲法論を主張する場数を踏む必要性が旧試とは比べ物にならないくらい強い。
対策として、判例を読むというのは生ぬるい。
事実から憲法問題を抽出し、複眼的に構成することは、判例百選や青い判例集記載の事実ではできない。
なんらかの方法で場数を踏む必要があると思う。
しなくてもそれなりには書けるが、それなり以上にかけるようにしようと思うと、運に左右される。
必然的に上位答案を書けるようにするには、とにかく問題を解く、場数を踏む、
これに加えて、主張枠組みをあらかじめつくって頭に叩き込んでおく必要があると思う。
この主張枠組みは論パではない。



公法系の択一

過去問といても、模試や答練の問題を解いても、
だいたい8割くらいは取れる感じ。

今の勉強の仕方でも問題ない模様。
ただ、ある程度改善の余地がある。

【憲法】
現状
・カズユキの人権
・4人組の統治
・青い判例集
・百選(青い判例集に載ってない判例)
・肢別本

改善点
・択一用としては、憲法総論だけでも芦部にするor総論について択一六法を使用する
⇒カズユキだと解きにくい部分があるため。4人組は厚すぎる。手ごろなのが芦部、択一六法


【行政法】
現状
・桜井橋本
・ケースブック行政法
・百選(ケースブックに載っていない+桜井橋本で引用されているもの)
・塩野、宇賀についてはローの講義にあわせてかなり読み込んだが、最近は読んでいない
・肢別本(あまりやっていない)

改善点
・条文の素読(行政事件訴訟法、行政手続法、情報公開法、個人情報保護法、行政代執行法、国賠法)
⇒桜井橋本を読む傍ら出てくる条文を逐一チェックではやや足りない。肢別本ではまかなえない。

・百選つぶしをするかどうか
⇒某試験委員の先生はCBで十分というが、現に他から出ている。
しかし、全部読むのはコストパフォーマンスは高くない。どうするか。


・桜井橋本の「正確な読み込み」
⇒判例がある部分で判例を示さず判例と違うことを書いていたり、
一般的見解ではない見解を強調し、一般的見解が見えにくくなっている部分がある



再現答案の検討とか

やたら時間がかかるわけですが。
しかも、なんか勉強している「気」になる。

けど、検討しただけでは全く意味がなく、
そこから、評価のポイントであろう点を見出して
(しかも「仮説」にすぎないわけですが)
それに基づいて自分で書いて、それを修得するということをしなければ
何の意味もない。

だらだらと検討しあうのはダメですね。
あくまで「仮説」でしかないわけで
そこで答えなんかでないんだから。

今日の教訓

予備校の答練は受けず、毎週、新司法試験の過去問で答練&検討をすることにした。

今日の教訓

①事実⇒条文⇒解釈(ここで論点)

いきなり論点にとびつかない。
事実を提示して、それがどの「条文」の問題なのかを示し(=事案の分析)、
条文の文言から、当該事実が当該条文の要件に該当するかどうかが明らかでない場合に
条文の文言解釈をする。ここで「論点」がでる。

長く勉強していると、論点の知識が当然の前提のように頭に入る。
だから問題文を読むと、まずこの論点だ、と頭に思い浮かび
いきなりその論点を書いたり、当然すぎて書かなかったりする。
たとえば民法110条の要件に善意・無過失があるなんて当然とか。
でも、条文には「正当な理由」とある。善意無過失は解釈しないと出てこない。
条文から出発する思考じゃないと、こういう論点を落としかねない。
いわゆる、ベテラン病の一種。

事実⇒条文⇒解釈

常にこの流れで。
どの「論点」か?という頭ではなく
どの「条文」か?という頭で。

判例との付き合い方

今週から憲法の勉強がはじまった。
といっても、得意科目なので、今回は
青い判例集の読み込みだけ。
また後で、カズユキ本+芦部+宍戸連載+憲法上の権利の作法+肢別本+事例研究憲法
をやるのであるが。
今は刑法の論文対策中なので憲法は片手間。

判例集に1年生のときの講義ノートの情報を書き込みつつ、余白に判例の議論の流れを
書いている。
これが記憶の定着にも、論理構造の理解にも、重要な点を見逃さないためにも、復習の便宜にも
時間はかかるけど、よい感じ。

某京大の民法の前試験委員の方も、メモを取りながら読むことが有効と主張しておられました。
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。