スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える作業を省略しない

本番まであと1か月とちょっとになりましたね。もう受験生のみなさんは、最後の総仕上げに入っていることだと思います。このあたりの時期では、とにかく今までの記憶喚起や、覚えるべきことを覚えこむことなどに多くの時間を割いていることだと思います。


それはそれで大事なことなんですが、ただ、考えるという作業を省略しないように気を付けるとよいですよ、ということだけ、ここでちょっとアドヴァイスしておきます。単純な暗記作業ばかりしていくと、法的思考力が落ちます。法律構成力が落ちます。しかし、本番で最も大事なのは、法的思考力、法律構成力だと思います。誰でも当然知ってるような知識があれば(択一で210点以上確実に取れるくらいの知識)、知識がなくて落ちるなんてことはないと思います。知らない論点がでて、それが書けなくたって、それだけで落ちるようなことはまずないはずです。誰もが当然知ってるはず(繰り返しますが択一で210点取れる人なら当然知ってるはず)の知識があれば、考える材料としてはそれで十分じゃないかと思います。それだけの材料があれば、その材料を前提として、法的思考能力・法律構成能力を駆使して、合格点に至る程度の議論ができるんじゃないかと思います。逆に、知識が膨大でも、それを使いこなす法的思考能力・法律構成能力がなければ落ちます。ですので、直前期の今だからこそ、思考する作業は止めないようにするとよいと思いますよ。私は、今の時期は答案構成をかなりたくさんやってました。


そして、今の時期には全国模試があると思いますが、それがうまくいかなかったり、いい評価がこなかったりしても、さほど気にする必要はありません。模試の成績は思考力よりも知識で決まるからです。思考力で決まる本番とは違います。現に、去年のTの模試で800番くらいだった人が、本番で2ケタに入ったりしています。


また、自分の立てた計画が試験までに終わらなかったり、やりたいと思っていたことを切り捨てざるを得ない、などといったことがこの時期には出てくると思いますが、それもそこまで気にする必要はないと思います。私も、全然終わりませんでした。今の自分の状況を十分に把握して、やるべき事柄に優先順位をつけて、上からやれるだけやっていけばそれでいいです。出題趣旨を見るととても要求レベルの高そうな新司法試験ですが、現実の合否の分水嶺は、出題趣旨以前のより基本的な事柄です。ちゃんと適用する条文を示し、その文言を正しく解釈し、解釈された規範の意味を正確に理解して、その理解を前提にこれにあたる事実をピックアップしてあてはめる、といった基本的なことが出来ている、出来ていない、で合否は決まっているように思います。ですので、今こそ、基本的知識の確認、正確な理解をこころがけてみてください。


この時期はとてもストレスがたまると思います。ストレスをできるだけためないように、発散する何かをするのはよいことだと思います。私は、とにかく苦痛を感じたりしないようにしようと思い、それまではかなり我慢していたことをあまり勉強に差支えにならない範囲でやっていました。漫画を買ってきて読んだり、映画を見たりということなどです。わき目も振らずに勉強してもストレスがたまらない人はそれでいいのでしょうが、そうでない人は、勉強時間が多少少なくなっても、ストレスを解消できる行為をした方が、勉強の質が高まって、試験の結果はよくなると思います。


後1か月弱でこの苦しみからも解放されます。頑張ってください。
スポンサーサイト
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。