スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判例学習について

巷では判例学習が流行っているようです。
上位合格者の方がその効用を説いてるからみたいです。

私も判例学習は必要不可欠だとは思うのですが、
ただひたすら判例を何回も読みまわすのはどうかと思います。
判例を知るのは大事ですが、丸暗記するのものではないと思いますし、
判例追従の姿勢が出てしまうとしたら、それは危険でしょう。

実務上は判例に従った処理がなされる以上は
判例を知るのは必要です。
しかし、過剰に判例にこだわりすぎるのもどうかと思います。

判例は、ある問題に対する解答の一例である、
という割り切りをした上で読み込むのがよいように思います。
それだけ知っていれば試験で十分な解答が出せるものでもないと思います。
ちゃんと、判例の理解をした上で、さらに、学説などからの批判なども
きっちりと勉強する(覚えて頭に入れるかどうかは別として)ということをこなさなければ
あまり意味はないと思います。

新司法試験の問題をみると、
今年の民事系などは、判例を知っているからどうなるというものではありません。
基本的な法律の理解ができているか、それを前提に論理的思考が働かせられるか
にかかっていたように思います。
判例ばっかりただ読んでいるだけで高得点が取れる試験でもないでしょう。

理論をきっちり頭に叩き込み、身にしみこませるのが一番大事で
理論の運用の一例、現実の例として判例を位置づけて
勉強してゆくのがよいように思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。