スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目的

手段を目的化しない

これって大事なことだと思います。
たとえば、基本書を読む、という勉強は
基本書を読むこと自体が目的ではないですよね。
知識のINPUT、あるいは制度や論点の理解にあるはずです。
そして、基本書を読むことはそのための手段に過ぎません。
ところが、いつの間にやら基本書を読むこと自体が目的化して、
ただ、読んだページ数や回数に満足してしまいがちです。

でも、実際には、目的が達成されて初めて満足できるのであって
読んだ量・回数だけに満足するのは意味がありません。
勉強のモチュベーションのために、これだけ読んだ、よくやった、と思うのは効果的ですが
それだけに満足しても、合格へは全く近づいたことになりません。

私のロースクールでは、憲法で非常に膨大な量の判例を読まされます。
そのため、どうも、判例を読むことが目的化してしまっていて、
本来の目的を見失っている人が多いように思います。
偉そうに言っていますが、振り返ってみると、私もそのようなことが多々あったと思います。
とりわけ、分量が多くて、時間が厳しいときなどは、
とにかく読むことだけが目的化されていたように思います。
でも、それじゃダメですよね。
判例を読むことも、あくまで法解釈を学ぶための手段に過ぎません。

常に今自分のやっている勉強が、
司法試験合格という最終目標に繋がっていること、
つなげることを意識して勉強すること。
極めて当たり前のことですが、
気がつくとわすれてしまう。
要注意ですね。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。