スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政法入門

行政法はロースクールで初めて学習しました。
講義の始まる前の、春休み中に予習として何を読もうか考えていたのですが、
いきなり基本書だと、なかなか理解できないと思い、

『行政法入門』 第5版 藤田宙靖

を購入しました。この本は評判がよかったので買ったんですが、
買って正解でしたね。

はじめて学ぶ法律は、なかなか制度のイメージがつかめないものです。
この本は、行政法の基本的な考え方、制度を、わかりやすい具体例を交えて説明してくれています。
何か制度や用語は出てくるたびに具体例を示して説明してくれるというのは、
なかなかローの講義でもやっていただけなかったりしますよね。

葉玉先生などはブログで、合格するためにはよい先生に教わることであり、よい先生の条件として
わかりやすい具体例を交えて説明してくれること、という風におっしゃっています。
私にとってはこの本は合格に導いてくれる「よい先生」の一人になりました。

また、学説や判例がどんな風に進歩発展し、今どうなっているのか、というところを書いてくれているので、
「A説は~。B説は~。C説は~。そして、~だからB説が妥当」
という一般的な基本書の記述と違い、行政法学の現在を知ることができて、わかりやすいです。

しかも、著者は現役最高裁判事です。
まさに藤田裁判官ご自身が携わった判例についての言及もあり、
非常に興味深いものです。
この本を読んで藤田判事のファンになってしまいました。
おかげで行政法も好きになって勉強もはかどるようになりましたし、
判例を読むときに、藤田判事の意見があるときには目を通すようになりました。
実は、藤田判事はやはり行政法のプロとして最高裁に君臨しているので
その意見は影響力も大きく、内容も重要で、必読なんだそうです。
私には単純に行政法の基礎的な理解という効用だけにとどまらない相乗効果も現れた良書です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。