スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストが近づく

そろそろローのテスト対策をはじめないといけない頃合。
今まで講義の復習を殆どしていないので、
これからは新試の勉強を控えねてテスト勉強せねばならん。
なぜか経済学のレポートもかかねばならないし。

テスト勉強で問題がありそうなのは、民事執行保全と家族法と倒産法。
理由はあんまり問題演習してないから。
やっぱり、教科書で知識をいれて、それを運用する訓練(問題を解く)ことによって
はじめて知識は定着するし、かつ、使えるようになると思うわけですよ。
だから、いっぱい問題を解けばとくほど能力は向上すると思う(復習は必須)。

ところが、これらの科目は演習書がないんですね。
講義で出された問題での演習はしていますが、それでは圧倒的に量が足りない。
で、さて、どうしようかね、というところです。
解決策その1は、百選を「問題集代わりに使う」ことです。
まぁ、これは必須の勉強になりそうですね。
気の利いたロー生はこのくらいのことはしっかりやるでしょう。
気の利いてないロー生は百選を「ただ読ん」で「規範を覚える」ことしかやらないようですが。
刑法百選のはしがきにもありますが、判旨を読む前に、事案の概要を問題文だと思って
自分で法律構成をするべきですよね。
答え合わせのように判旨を読むと百選で問題演習ができる訳です。

個人的には、判例集を読んでも成績があがらない(とりわけ法律構成力が上がらない)
という人は、判例集の読み方がうまくないんじゃないかなと思うわけです。
判例が、いかなる事実にどういう議論を展開したか、ということに着目して、
なぜそのような議論を展開したか(=法律構成をしたか)をよりよく理解するには
一旦自分の頭で同じ事実を法律構成してみるとよいと思うわけです。

ただ、百選だと、やっぱり事実や判旨が短くて、問題集としては力不足なんですよね。
だから、どうしてもこれだけだと不安。
みんなも同じ条件なので、みんなと同じ程度にはできるだろうけど、
みんなより上回らないといけない競争社会な訳で、
さて、一体どうしようかなぁと悩ましいところです。


ところで、山口青本ですが、
やはり違法性のあたりから結果無価値の匂いがぷんぷんするようになってきますね。
当然ですが。
判例通説の枠組みを理解させるはずの本なのに、まず結果無価値の話をしてから
行為無価値の話をしてます。
とはいえ、ほんのちょっと気をつけて読めば行為無価値でも全く問題ない本ですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。