スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百選の読み方

1.学部時代前半

予備校で「百選は読むな」と言われ、素直に従う。
あんな気持ち悪い雑誌誰が買うものか、と思う。


2.学部時代後半

旧試上位合格者と別の予備校講師が「憲法、刑訴は必須」
というので、とりあえず買ってみる。
でも、やっぱり気持ち悪い。
旧試受験の際に、ちょこちょこと読む。
ちょこちょこ読んだだけなので、効果はまるでない。


3.ロー受験期

判例よりも「知識」を入れることに精一杯で
手が回らない。
まだ判例学習に意義が分かっていなかった。


4.ロー1年前期

判例の原文を読まされるので、百選は読まない。


5.ロー1年後期

前期に嫌というほど原文を読まされたおかげで
百選が全然気持ち悪くなくなる。
すらすら読める。
刑訴、民訴、民法を読みまくる。


こんな流れを経て今に至ります。
昔は本当に百選が気持ち悪かったです。
学部の講義で百選を開いている人を見ると
気合入りすぎじゃね?
とか思ってしまっていました。

けれど、ローで原文を読まされまくったおかげで免疫ができました。
今ではスラスラ読めます。
苦しかったけど、手を抜かずに取り組んでよかったと思ってます。

とはいえ、受験対策としては原文を読む時間はないわけで、
百選またはその他の判例集で勉強することになりますね。
で、今回は百選を読むときに気をつけていることをまとめてみます。
まず、

①原告は誰
②被告は誰
③原告の請求は何(行政法だと、訴訟類型は何か、も意識しておくと役立つ)
④その請求をする上で生じる法律上の争点は何
(⑤原告、被告の争点に対する主張は何)
⑥裁判所の判断
⑦裁判所がその判断をする上でどうしても言わなければならなかったこと(決め手になる理由)は何
⑧判例に対する学説の代表的な評価、批判

ということを考えながら読むことです。
手続法だとちょっと違うんですが、基本的にはこうです。
そして、法律構成、論点抽出にあたるのが④です。
判例を復習するときに、その論点がなぜ問題にあがったのかを説明できるかどうかチェックしてます。
次に、判旨ですが、ここでは、判例理論の決め手になった理由をチェックします。
なんでこんなこと言ってるんだろう?ということを考えるわけですね。法律上事実上両方です。
だいたいこのぐらいのことを意識しながら読むと
ただ漫然と読むのとではそうとうち外が出るんじゃないでしょうか。
この読み方は別に自分で開発したわけではなく、
1年生のときに教わった超絶優秀な教授(大学3年次旧試合格)のお勧めの読み方です。
その教授が言うには、百選の全てにおいてこの読み方をやっておけば絶対落ちない
ということでした。

ただ、私は従来、事案の概要の欄については純粋に事実の部分しか読んでおらず、
1審2審の判断部分は読んでいませんでした。
それでも大方問題なかったのですが、
民訴についてはここを読むのと読まないのとでは大きな違いがありますね。
これは後で実感しました。
1審から上にいくにつれて争点が形成されてゆくことがあるので、
基本的には目をと押すほうがよいですね。
今は目を通しています。

それと、解説については、

①憲法は基本的にダメ
②刑訴の実務家執筆部分は基本的に使える
③会社法は大方使える
④判例の説明、関連判例の説明、学説の整理に徹しているものは使える
⑤自分の見解を示しているものは(論文みたいになっているのは)それが有力説・通説以外は有害

という感じです。
憲法については、複数の憲法の教授がこういいます。
刑訴については、試験委員の先生がこういっていました。
会社法は予備校でも薦められていますね。
⑤は憲法にありがちですが、これは頭が混乱するおそれがあるので有害です。


と、だいたいこんな感じの読み方です。
今のところ、憲法、民法(家族法除く)、刑訴、民訴、会社法
は全部読んだんですが、他はまだ残ってます。
夏が終わるまでには読まないとですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

はじめまして。
ロー未修1年の者です。

>⑧判例に対する学説の代表的な評価、批判
というのは、どのような資料に載っているのでしょうか?
憲法の百選解説は駄目となると、評釈になると思いましたが、沢山評釈があるとどれを読もうか悩んでしまいます。
もしも、ログヨミさんが読む文献を取捨選択する際の基準のようなもの(例えば、○○に掲載されている評釈なら大丈夫といったこと)をお持ちでしたら教えて頂けないでしょうか?

宜しくお願いします。

Re: No title

> はじめまして。
> ロー未修1年の者です。
>
> >⑧判例に対する学説の代表的な評価、批判
> というのは、どのような資料に載っているのでしょうか?
> 憲法の百選解説は駄目となると、評釈になると思いましたが、沢山評釈があるとどれを読もうか悩んでしまいます。
> もしも、ログヨミさんが読む文献を取捨選択する際の基準のようなもの(例えば、○○に掲載されている評釈なら大丈夫といったこと)をお持ちでしたら教えて頂けないでしょうか?
>
> 宜しくお願いします。

>>雨さん

ありがとうございます。

重要判例については、基本書に載っていると思います。そして、このレベルまでおさえておく必要があるのも基本的には重要判例に限られると思いますので、それでさしあたり十分ではないかと思います。これに加えて、演習書を利用して、演習を積み重ねてその解説に触れていけば、「知っていることを前提として出題される問題」として出される判例については十分にカバーできるのではないかと思います。

憲法ですと、やはりスタンダードは芦部憲法に書いてある批評だと思います。宍戸准教授の連載で言及される判例の説明も大分参考になります。

No title

回答有難うございます。
とても参考になります。

お忙しいとは思いますが、ブログ記事が更新されるの楽しみにしています。
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。