スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産と家族法と民事執行保全

倒産法は概説よりもやっぱり伊藤先生の本がよい。
量が違うから説明の仕方の丁寧さや論点の網羅ぶりで伊藤本が上回るのは当然なんだけど。
でも、たまに概説のほうが詳しく書いてある論点もある。
けれども、概説は説の結論だけだったり問題の所在だけだったりで、補充しないと使えない。
一長一短な両者。
まだ新試の問題を見ていないからどちらをメインにするかは決め切れない。
伊藤本は量が多いが、読むところ読まないところを決めればそう概説と変わらない。
(T大のM下先生がそういっている。全部読まなくてよいと。
試験対策はしないという話のT大だが、M下先生は、旧試の問題をやったり、
ここは私が試験委員のうちは出しませんとか言ってたそうだ。
もちろん、K大の問題が出るまでは、ということだけど)

家族法の勉強に二宮を使っていたが、
どうも使いづらい気がする。
と思って内田を読んだがどっちもどっちなようだ。
ただ、よくいわれているように、二宮はイデオロギーがかっているというか
筆者の主張部分が多い。
試験的な部分に限定して読むと、相当分量が減る。
そして若干基礎的な部分の説明に弱いように思われる。

民事執行保全は、民訴LIVE本の信頼感から、和田先生の本を使っているが
これだけではロースクールの試験にはちょっと足りない。
学部時代から持ってるアルマ民訴もやや使いづらい。
ローの過去問をチラホラみてみたが、
和田本とアルマだけではちょっと9割とれなさそう。
和田本はともかく、アルマなら知識は十分だろうが
アルマ読むだけでは運用までは上手くできない。
講義の復習でなんとかするしかなさそうだが
講義もろくなもんじゃなかった。
今回は民事執行が一番A+とりにくいかもしれない。
なにかよい本を探さないと…。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。