スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務処理能力

新試は事案分析の成否で合否は決まる
  ↓
正確な事案分析が必要
  ↓
事案分析に十分に時間をかける
  ↓
かけすぎると書く時間がなくなる
  ↓
かと言って、問いに答える試験なのに何が問いなのか分からないまま欠き始めれば
十中八九落ちる
  ↓
事案分析は納得いくまでやりきりつつ、かつ、書くべきことを書くべき形で書ききる時間を確保
  ↓
①事案分析の速度を上げる
②書くスピードをあげる
で対策


①について
  ↓
事例研究民事法、憲法、行政法、捜査法演習などで長文をすばやく分析する訓練。
時系列と人に注意。みんなが当たり前に抽出するだろう論点、引用するだろう事実は何かを考える。その上で余裕があれば、差をつけるために必要な議論は何か、事実の評価は何かを考える。
  ↓
その前提として、典型論点を一瞬で見抜く力の養成。短い問題文から典型論点を一瞬で引っ張りだせるように。反射神経の向上。これができない人がなぜ長文問題をすばやく解析できると言うのか。
⇒旧試論文過去問、民事法ⅠⅡⅢ、葉玉100問、事例演習民事訴訟法など
  ↓
普段の勉強から情報処理能力の向上に意識的に取り組む。
⇒基本書はダラダラ読まない。できる限り早く読む。肢別本は1肢20秒以内。


②について
  ↓
採点者に不快感を持たせない程度の字の綺麗さを保ちつつすばやくかけるように
筆記具の選択。いろいろ試す。
  ↓
とにかく、書く。書く練習をする。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。