スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題文を分析して答案構成をつくるわけだけど、
ここで十分なものを作り上げるには
答案構成の「型」を理解して記憶しておく必要があるな。
どんな風に議論をするのか
何をどの順番で書くのか、
それぞれの議論の中で、指摘し評価すべき事実はどういうものか、とか。

これ、新司対策としてはとりわけ憲法に必要な気がする。
どういう答案構成の方があるかは、他の法律なら旧試の演習でまかなえちゃうと思うんだけど、
憲法はやっぱり異質で、そうもいかないように思える。
旧試の頃は事実の評価なんて殆どなかったのに対して、
新試はそこが肝だし、旧試以上に判例を知り、そこでされている議論の方法、
事実の評価等を反映させていく必要があるから。
「型」のために判例を学ぶ必要ってそこにありそう。
他の科目は、あえて判例集で「型」を学ばなくても、普通に旧試の問題演習に
新試用の問題演習でも対応できそうなんですよね。
憲法こそ必須、みたいな。
事例研究憲法やりつつ、判例読んであるべき「型」をパターン化して
理解して記憶しておいた方がいいね。
そうしないと、本番で時間内に満足行く構成はできない。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。