スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の教訓

予備校の答練は受けず、毎週、新司法試験の過去問で答練&検討をすることにした。

今日の教訓

①事実⇒条文⇒解釈(ここで論点)

いきなり論点にとびつかない。
事実を提示して、それがどの「条文」の問題なのかを示し(=事案の分析)、
条文の文言から、当該事実が当該条文の要件に該当するかどうかが明らかでない場合に
条文の文言解釈をする。ここで「論点」がでる。

長く勉強していると、論点の知識が当然の前提のように頭に入る。
だから問題文を読むと、まずこの論点だ、と頭に思い浮かび
いきなりその論点を書いたり、当然すぎて書かなかったりする。
たとえば民法110条の要件に善意・無過失があるなんて当然とか。
でも、条文には「正当な理由」とある。善意無過失は解釈しないと出てこない。
条文から出発する思考じゃないと、こういう論点を落としかねない。
いわゆる、ベテラン病の一種。

事実⇒条文⇒解釈

常にこの流れで。
どの「論点」か?という頭ではなく
どの「条文」か?という頭で。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。