スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

典型例と非典型例

以前、法セミのロー未修生向けの法律の勉強の仕方みたいな記事で

論点は典型論点ごと覚える

みたいな話が載っていた記憶がある。
論点という限定でなくて、制度とかも含んでいたかもしれない。
これはやはり大事であることは間違いないのだけれど、
昨今の新試では、これが現場思考型の問題を発見するのに役立つ気がする。

なぜかというと、自分が知っている典型的な場面と違う場合に
なんかおかしいな、と気づけるから。
なんかおかしいな、いつもと違うな、と思えれば、そこに問題点がある訳。
そうすると、そのいつもと違う部分が、その違いにより何らかの問題を提起してくることになる。

それに気づけないで、いつも通りの議論で終えてしまうと、
それだけで落ちることはないにしろ、相当な低評価になってしまう。

そういう意味で、ある議論や制度の典型的な適用事例を、なぜそういう場面に適用されるのかを
よーく理解した上であたまに入れておくことは非常に重要だと思う。


新試の現場思考型の問題は、結論よりも理由で採点してくる。
気づけないで、適当に条文適用して終わってしまうと、全然点が入らない。
現場思考型だと気づけば、趣旨や制度の本質から好きなように(一貫性を持たせて)論じられる。

現場思考型の問題って、普段から条文の趣旨や制度の本質から議論をくみたてる勉強をしていれば
全然難しくないと思う。
論証をただ丸暗記しているだけの人には絶対解けないんだろうけど。
基本書や判例読むときにも、趣旨や制度の本質から、どのように学説・判例が議論を組み立てて解釈をしているか、
その「思考の追体験」をしっかりやっておけば、怖くないはず。

つまり、新試は日ごろの勉強「態度」を問うてくる試験なんじゃなかろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。