スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民訴の思考プロセス

民訴は問いに答える思考プロセスが構築しづらいなーと思っていたけれど
解析民訴がだいぶ参考になりそう。思考プロセスが明示されているわけではないけどね。

たとえば攻撃防御方法(審理の場面)がらみの問題だとすると

1 主張か認否か立証か
 主張・認否では、事実上の主張か、法律上の主張かを検討
 立証では、弁論主義第3テーゼ

2 主張において、それが事実上の主張か法律上の主張か
(1) 事実上の主張
  主要事実か(弁論主義第1テーゼ)、間接事実か、補助事実か
   ⇒ これこれは主要事実です!といった指摘をする。 
(2) 法律上の主張
  法解釈等の主張か、法効果の主張か、あてはめの主張か
   
3 認否において、それが事実上の主張か法律上の主張か 
(1) 事実上の主張
 主要事実(弁論主義第1テーゼ、第2テーゼ・自白、抗弁)か、間接事実(理由付否認)か、補助事実か
  ⇒ ○○事実の指摘のみならず、抗弁か理由付否認かというところまで指摘する。
(2) 法律上の主張
 法解釈等の主張か、法効果の主張か(権利自白)、あてはめの主張か(権利自白とする見解も有り)
  ⇒ 権利自白の認定が大事

4 時機に後れた攻撃防御方法の却下
  ⇒第○回口頭弁論期日で陳述(提出)だとか、控訴審ではじめて陳述(提出)とかだったら要注意。自白の撤回にも注意


みたいに、分析していくことができます。
解析民訴は、実際の訴訟過程の進行に即して書かれているので
普段基本書で法理論を体系的に学んだあとに
実践的な体系に知識を並び替えるのによいですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。