スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この苦しみもあと数日

朝起きて一番最初に頭に浮かんだことが

「瑕疵担保の善意って知らないことだっけ、それとも信じたことだっけ?」

で飛び起きて択一六法で確認。
追い込まれてますね。

しかし、あれだ。善意という1つの用語で
「知らないこと」「信じたこと」の2義をもたせるのは
やっぱりよくないように思うよ。
法概念は相対性があるといってもね、わかりにくいもんね。
まぁ、瑕疵担保は「善意」って書いてあるわけじゃないですけど

信頼保護規定なら基本的に「信じたこと」
になるけど、94条2項は信頼保護でありながら
表示があれば普通信じちゃうでしょ!
ってことで「知らないこと」だったりするし。

時効も「信じたこと」だし
善意占有者の果実取得権も「信じたこと」だし
(潮見債権各論には「知らないこと」と書いてあるけど…)

ややこしい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。