スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決意

さてあと2日です。


試験に備えて決意。


1 択一

最初のひらめきを信じること。
考え直して答えを変えない。
自分の脳が情報を受け取り素直に判断した最初の思考を信じてあげる。


マークは、1問ごと。
1肢ごとにつけない。


マークは、解答番号と照らし合わせながら。


絶対に正解だと思っても、時間の許す限り全部の肢を検討する。


あせったら、目を閉じて10数える。




2 論文

一切の予断を排除する。

問いに答える。
そのためには何が問いかをしっかり考える。
「問い」とは
①形式的問い(設問文の形式に沿う)
②実質的問い(出題趣旨に沿う)


ファーストインプレッションを信じる。


記憶に頼らない。
現場の思考が記憶の片隅にある知識と抵触したら
現場の思考を信じる。


自分の「考え」を答案に表現する。
にげない、ごまかさない。


答案構成対解答時間は1対3。
リミットは、1対2。そこまでいったらもう見切り発車。
本番は、リミットまでかかるおそれが大。
その場合、書ける枚数は、5枚(15分/1枚)。
そこから逆算して書く内容を決定する。


「学者選ぶ試験じゃないんだから、行為無価値論の下、主観は連帯しない、
で共犯と正当防衛の理由付けになるんですよ。筋を通せてるかなんです。」


とにかくコンパクトに論理をつないで。


最後まであきらめない。


以上。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ありがとうございます。

試験前に励まされました。
コメントが遅れて申し訳ありません。

正直、「うわっ、まったくわからねぇ!」
という問題ばかりでした(笑

この試験は恐ろしい試験です。本当に。

No title

試験お疲れ様でした。
もし私のコメントが、少しでもログヨミさんの気休めになったのなら、とても嬉しく思います。
まだ詳しくは知らないのですが、今年の問題は「いつかは出るかもしれないけど、出る可能性は低いからあまり勉強していない」分野からの出題が今までと比べて多かったみたいですね。
発表までは落ち着かないと思いますが、きっと合格していると信じています。
本当にお疲れ様でした。
次は就活、頑張ってください。

Re: No title

ありがとうございます。

えぇ、まさしくそういう出題でした。
たろうさんは、来年度に受験するのかな。
今年の問題をよく吟味して勉強の計画を立てることをおすすめします。

私自身、あんな答案を書いてきた割には、図々しくも、合格していると信じて就活に精を出そうと思っています。
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。