スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法の基礎

今学期は「民法」の講義がありません。
しかし、だからといってこの法律を勉強しないわけにはいかないので
民法の基本書の通読をはじめました。

今は、佐久間毅先生の、「民法の基礎」で物権総論を読んでいます。
私のロースクールのカリキュラムでは物権総論が非常に手抜きだったからです。
今後は、債権総論(中田裕康)、債権各論(潮見佳男)、不法行為(吉村良一)と読んでいく予定。

現在開始3日目で、189pまで読了。


ここでちょっと、佐久間民法の話を。
この本は、ケースメソッドなので、もしかしたら通読向きではないのかもしれません。
しかし、それがマイナスであったとしても、やはりこの本はとてもよいと思います。

まず、①説明が丁寧です。
次に、②判例理論の根拠を詳細に提示してくれています。
さらに、③学説も相当に説明されています。
最期に、④事例においては、問題の所在が提示されています。
そこでは、その問題を考えていく上での思考プロセスが書かれています。

私がこの本が良いと思う理由は上記①ないし④ですが、
この本の真価は、②と④だと思っています。

まず②については、例えば、内田先生の本は、今でもとてもよい本だと思いますが、
判例の説明がやや淡白であることが多いです。
判例百選などで補充すればよいのかもしれませんが、百選の解説にはあたりはずれがあり、
ときには有害なものさえ混じっています。
したがって、百選の解説を読むという手段はリスキーであり、しかも、非効率的です。
その点、佐久間先生の本では、判旨を読んだだけでは分からない判例理論の根拠が
きちんと説明されています。
(もちろん、これも佐久間先生の判例の理解に過ぎない、ともいいうるのですが、
百選の解説よりはマシです。)

次に、④については、この思考プロセスを修得することができるかどうかで
民法を駆使できるかどうかが決ってくると思うので、非常に重要な要素だと思います。
やはり、問題に対して思考を展開していく道筋がわからないと、
知識があってもそれを上手く運用できません。
たとえば、予備校の論文問題集や過去問集は、
「この問題には~の論点がある、そして、その論点についての判例・学説は~。あてはめは~」
といった解説に終始しています。
しかし、現実に重要なのは、その論点を抽出しその問題の所在を示すまで思考を展開していくプロセスだと思いますし、
それができれば、それこそ後は判例・学説を叩き込んでやればいいだけで容易です。
本番で必ず3割は出てくる未知の議論(葉玉先生のブログより)に対処できるかどうかも、
基本的な知識と、その知識から問題を見て、
そこから思考を展開していくプロセスが身についているかどうかで決ってくると思います。
そうだとすると、思考プロセスの解説がないと困るのです。
この意味では、予備校の一般的な論文問題集は役立たずだと思います。

私は答練などで、民法では今一高得点を取れなかったのですが、
それはおそらくこの「問題に対する思考プロセス」が身についていなかったからだと考えました。
そこで、この④に最大の魅力を見出して、佐久間先生の本を使用することにしました。
そして、結果として、ロースクールの試験では高い成績をとることができましたから、
今のところ、このアプローチは間違っていなかったと思います。

ちなみに、予備校の過去問集であっても、
辰巳のLIVEシリーズの憲法、民法、民訴は思考プロセスが学べます。
旧司の問題ですので、新司とは形式が違いますが、
日々の学習に使う分には非常に有用だと思います。

と、今はこんな風に思ってます。
新司法試験でどうなるかはわかりませんが。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

はじめまして。
ログヨミさんにまったく同感いたします。
旧試験時代は「問題提起は端的に」といわれていましたが、新試験ではどうも論点の問題提起にいたるまでの思考プロセスをきちんと示すことが重要そうですよね。

No title

>heisotsuさん
ありがとうございます。

ある紛争(=事実)から、どのように争点(=問題)が生じたのか、
ということをどれだけ明確に、かつ適確に指摘できるかということは、
実務家として要求される能力中でも最高峰に重要度の高いものだと思います。
実際、そのようなことをよく実務家教員含め教授の方がおっしゃります。
そうであるならば、普段の学習においても常にそれを意識すべきだということになりますよね。
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。