スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科目別使用教材-会社法

① 前田「会社法入門」
制度の具体例を書いてくれていたり、趣旨が長く説明されていたりするので、理解しやすい本だった。江頭が理解不能なときに読んだ。


② 江頭「株式会社法」
講義にあわせて大体通読したが、それ以降は大事な部分だけを何度も読み返す形。今年の問題も、江頭に書いてあった!と思い出して書いたりしたので、大事な部分をきっちり読んでおくのは有益。理解しづらかったら、①や③に戻ればいい。


③ リーガルクエスト
江頭がわかりづらいときや、江頭や前田を読むだけの時間がないときに読んだ。組織再編などはよくまとまっている。


④ 会社法100問
これに自説を書き込んでまとめノート化しておいた。今年の問題の某規範(○せ○)は会社法100問の該当頁を思い浮かべながら書いた。


⑤ 法学教室の演習
④だけでは事例問題の演習が足りないと思い、法学教室の新会社法以降の演習をいくつか解いた。その中に今年出題されたあまり論文で出そうにないあの問題もあったため、助かった。


⑥ 百選&商法判例集
解説もほぼ全部読んだ。商法判例集はごく一部。


⇒ 平成21年を除けば、①誰もが知っている論点をしっかり法律構成できること、②規範的要件をしっかり解釈してあてはめられること、がまず大事。②については、たとえば任務懈怠について、具体的に「~という行為をしなければならないのに・・・という事実からすると・・・という理由で怠ったといえるから任務懈怠がある」といったように。ここでは、具体的にどのような行為をすればよかったか、というところをきっちり示すのが大事。過失も同様。


※ 補足
 会社法事例演習教材は、講義で少し使った程度。おそらくとてもよい問題集なのだろうけど、解説がないのと、設問が誘導バリバリ過ぎて事案分析力の訓練にならないし、問いの立て方が答案構成力の訓練にならないので使わなかった。
 事例で学ぶ会社法は、時間がなくて1問もできなかった。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

はじめまして、質問させていただきます。

⑤ 法学教室の演習ですが、特にどの先生の連載がオススメ
でしょうか?差し支えなければご教示ください。よろしく願いします。

No title

>>こらえモンさん
ありがとうございます。

とくにオススメできるのは北村先生のものですね。

No title

ログヨミさま

返信ありがとうございます。

参考にさせていただきます。

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。