スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論理

前回の記事もそうですが、今回の記事も、わかっている人には今更言われるまでもない当然の話だと思います。しかし、当たり前のことを当たり前にこなせば受かり、当たり前のことを当たり前にこなせなかったから落ちるのが司法試験です。おそらく、成績が伸び悩んでおられる方は、このような当たり前のことが当たり前になっていないことが多いのではないかと思います。これらの記事は、勉強の最初の一歩のような話ですが、最初の一歩の方向が誤った方向を向いていれば、いつまでたってもゴールに向かっていけません。常に、自分の進行方向が正しい方向に向いているのか、チェックすることを心がけてみるとよいと思います。とりわけ、このような基本的な話であればあるほど、難しい勉強に意識を注いでいくうちに、いつの間にか忘れてしまっていることが多いものです。気をつけてみてください。


(1) つなぎ
趣旨や本質からの論証をする場合、そのような趣旨や本質と結論をつなぐ部分が「論理」になります。この「つなぎ」がなければ、「論理」を示したとはいえません。例えば、以下の2つの論証例を見てください。

A 民法96条3項の趣旨は、取消しの遡及効により第三者がその法的地位を覆されるのを防ぐことにある。
  したがって、「第三者」とは、取消前の第三者をいうと解される。

B 民法96条3項の趣旨は、取消しの遡求効により第三者がその法的地位を覆されるのを防ぐことにある。
   そして、取消し後に登場した第三者は、取消しの遡及効によりその法的地位を覆されることはない点で、右の趣旨が及ばない。他方、取消し前に登場した第三者は、その法的地位が取消しの遡求効で覆される点で、右の趣旨が及ぶ。
  したがって、「第三者」とは、取消前の第三者をいうと解される。

Aの論証は、予備校の答案などでよく見られるパターンです。民法96条3項の趣旨から接続詞1つで直ちに結論を導いています。しかし、Bの論証と比較すれば、趣旨を示しただけでは、そのような結論になることの理由が不足していることが分かると思います。これでは「論理」を示したとはいえません。Bのように論じてはじめて「論理」を示すことができます。つまり、「そして」から始まる一文の部分が「論理」になっている訳です。
(2) 試験本番
 試験本番では、時間の制約から、常にBのように書くことはできません。しかし、少なくともメインの論点については、B程丁寧にしないまでも、「論理」の部分を書く必要があると思います。また、現場思考で解釈をしなければならない問題では、当然、趣旨や本質から結論を導く「論理」を示す必要があります。
(3) 日常学習
さらに、普段の学習で、判例や学説の解釈を理解する上でも、判例・学説が、趣旨や本質からどのような「論理」で結論を導いたのかをしっかりと理解する必要があります。普段から、ここでいう意味の「論理」をしっかりと分析していれば、法解釈のコツのようなものが少しづつ身についてくると思います。そうすれば、初見の論点に対する判例・学説の理解のスピード・精度も向上していきますし、本番の現場思考型の問題でも、趣旨から論理的に解釈論を展開できるようになってくるはずです。
 ご自身の答案で展開されている論証がAのようになっていないかどうか、あるいは、教科書や判例で論点を読む際に、自分がきっちりとBのような論証ができるような「論理」の理解ができているかどうか、確認してみてください。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

質問

いつも非常に有益な情報をありがとうございます。
今年の試験後にこのブログの存在を知って、来年の再受験に向けて勉強方法等を参考にさせてもらっています。

前回の記事に関連した質問があります。

憲法の基準について、小山先生が採用している①適合性②必要性の基準についてです。ログヨミ様が答案を書く際、基準の段階では①適合性、②必要性(、③均衡性)との文言を使っていらしたのでしょうか。

自分も小山先生の本を呼んで、この基準を答案で使うことが多いです。自主ゼミでその基準を使った答案を提出したところ、小山先生の説を知らない人が読んだら、①適合性②必要性との文言は分かりにくいと友人に言われました。確かに、①適合性はこれまで一般的に関連性という言葉が使われていた部分だと思いますし、②必要性は刑事訴訟法では専ら制約する側の利益などでつかわれる言葉だと思い、小山説を知らない採点者がもしいたら少し危険なのかなとも思いました。

基準の段階で①当該法律の手段が目的達成に役立つかどうか(もしくは、端的に関連性)②当該法律の手段と同程度以上に目的を達成でき、かつ、当該法律よりも権利侵害の程度の低い他の手段があるかどうか、と書いてしまったほうがいいのか迷っています。

ログヨミ様がどうしていたかを教えていただけると、ありがたいです。

No title

>>むらさきさん
ありがとうございます。

用語法の問題に過ぎないので、それほど神経質にならなくてもよいと思います。適合性と呼ぼうが関連性と呼ぼうが合理性と呼ぼうが、その内容が同一であれば、間違いではないですから。

慎重になるなら、いつもどおりの、「目的が重要で、手段が実質的関連性があること」という基準だけ立ておくだけでもよいでしょう。適合性や必要性は下位基準のようなものですが、これは答案上示す必要まではないと思います。要は、そのような審査ができているかどうかでしょう。

私は適合性という用語は使いませんでした。まだスタンダードな用語ではないだろうと思ったからです。

(1)目的
(2)手段



というような項目分けをして、アの部分で適合性、イの部分で必要性を論じるというスタイルでした。項目にタイトルはつけずにやっていました。

No title

ご回答、ありがとうございます。

やはり、変に形式にこだわりすぎるよりは、書いている審査の中身が大事ということですね。本当にしっかりと理解して書いている部分は、採点者にも伝わるでしょうし。

今後とも、このブログの勉強方法は参考にさせてもらおうと思います。修習でお忙しいでしょうが、お時間あるときの記事の更新を期待しておりますv-266
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。