スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商法

最近、森本滋先生編著の、「商法総則講義」「商行為法講義」を読んでいます。今まであまり商法の勉強をしてこなかったので、実務に出る前に基本的な知識、考え方などを知っておこうと思ってのことです。

受験では丸山先生の本を使っていたのですが、あれは簡潔に纏めてくれている分、どうしてもイメージがつかめず、分かりづらい部分がありました。それに比べると、こちらは大分分かりやすくかかれており(分かりにくい部分もありますが)、判例学説の状況も相当しっかりと説明されていて、使いやすいです。事業譲渡の意義の論点もかなりわかりやすく書いてあります。私が今まで読んだ本(前田会社法、江頭会社法、神田会社法、リーガルクエスト会社法、各種判例解説など)の中では一番イメージしやすく、また本質的なことも書いてあって、理解しやすいのではと感じました。

商法は択一のために勉強する程度でしょうが、過去問をやっていてわからないことがあった場合には、この本で調べてみることをおすすめしておきます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。