スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価について

某白表紙の本に、直感的にこうだと思えることが、なぜそう思えるのか、その理由をしっかり示すことが大事だ、といったような記述があります。これは事実認定についての記述なのですが、新司法試験における事実の評価にもあてはまるのではないかと思います。

直感的に、当然こうだ、と思ってしまうような事柄であると、そう思える理由については、自分にとってはあまりにも当然のことすぎて、書こうという意思が発現しないのかもしれません。刑事系の答案などで、事実⇒結論(あてはめ)となっている部分というのは、右のようなことが影響しているのではないかな、と思いました。答案を書いた人は、そのような事実があれば当然これにあてはまる、と直感的に思ったのだと思います。
 しかし、「評価」を書くことが要求されているので、評価を書かなければ点がもらえません。そして、「評価」というのは、どうやら、なぜそういえるのかという理由を説明する部分であるようです。そこで、自分がどうして直感的にこれに当たると思ったのか、その理由を分析する作業をする必要がでてきます。たとえば、殺意を持って刃渡り20cmの包丁で人の心臓を3回突き刺し、傷はそれぞれ深さが15cmある、というような事案であれば、みんな直感的に、これは殺人の実行行為だ、と思うと思います。しかし、なぜ直感的にそう思うのか、しっかり分析してみると、どうでしょうか。さすがに殺人罪の実行行為の評価あてはめを試験の答案できっちり書くことはないでしょうが、ここでは「評価」の例としてあげてみました。
 厳密に考えてみると、①包丁は硬い鋭利な刃物であり、人の肉体に深々と突き刺すことができる、②心臓は人の急所であり、心臓を傷つけられると人は死ぬ可能性が非常に高い、③心臓を、硬い鋭利な刃物で突き刺せば、心臓が大きく損傷する可能性が高い、④心臓が大きく損傷すれば、人は死ぬ可能性が非常に高い、といった辺りの経験則を使って、この行為が殺人罪の実行行為にあたる、と考えているのではないでしょうか。このような①ないし④の論理のつみあげを、普段直感的にやっているのだろうと思います。最近読んだ脳の本に、直感的な判断は、実は大脳新皮質でない脳のある部分が、それまでに蓄積された情報を元に瞬時に計算してはじき出しているのだそうです。そして、大脳新皮質でないため意識的に行われるものではないので、その計算過程は私たちは意識的に捉えることはできないとのことでした。直感というのも、根拠のないものではないようです。

 このような評価を日々できるだけ意識的におこなうトレーニングをするのが、地道な努力ではありますが、新司法試験の「評価」でも大事ですし、修習の事実認定でも大事なのではないかな、と最近感じています。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

いつも参考になる記事をありがとうございます。

合格後、特に任官者はブログを辞めてしまう方が多いのでログヨミさんには是非続けていただきたく思います。

そのためにも無理なくお願いします。

一点助言ですが
率直な意見を記載する際は冒頭に一言添えるとトラブルを回避できます。

率直な意見ですが、

思ったまま述べますが、

などです。

会話でも同様です。
これだけでぐっと印象が変わります。
謙虚というのはこの程度の工夫でいいのです。

Re: タイトルなし

>>ファンさん
ご助言ありがとうございます。
以後の言動の参考にさせていただきます。


ブログをどこまで続けられるかはわかりませんが
差し支えない範囲では残していきたいと思います。

まとめノートについて

ログヨミさん、はじめまして。
いつもブログを大変参考にさせていただいております。
特に日常学習の方法論の記事は、印刷して持ち歩いています。

過去の記事にまとめノートを作成して、効果を感じた、と書かれていたのですが、具体的にはどのような内容を書いていらっしゃいましたのか、ぜひ参考にさせいただきたくて質問しました。

私はいま未修1年次が修了し、来年から2年次になります。
私としては、春休み中に1年次の授業で扱った基礎をまとめてノートの土台をつくり、2年3年次の授業で加筆していき(情報一元化)、直前にそれをベースに勉強したい、という風に考えています。
 しかし一元化することは、情報が多くなりすぎてしまい基本書に書き込んだ方が効率的ではないか。時間が逆にかかりすぎてしまい、非効率なんではないか。直前期につかうのならば、重要キーワードのみで超高速で回せるもののほうがいいのではないか、と思案している状態です。

なにか具体的な方法やアドバイス等ありましたら、修習中でご多忙なことは存じておりますが、ぜひ返信をお待ちしております。

No title

今年新司法試験を受験するものです。

アドバイスをいただきたくコメントします。

恥ずかしい話ですが、自分はマスターベーションをほぼ毎日しています。

新司法試験の5日間及び前日と前々日について、やはりマスターベーションはやらないほうがよいでしょうか?用をたすのに時間がかかることはもちろんのこと、試験に支障が起きたりしそうで怖いです。
かといって、毎日続けていたことを、試験期間中やめることも不安です。
5日間耐えられず、試験中ストレスを感じるかもしれません。

深刻にどうしようか考えていますが、普通に聞けるようなことではないので、質問させていただきました。どうかよろしくお願いします。

Re: まとめノートについて

>>7期純粋未修さん
ありがとうございます。

書いたのは
① 問題の所在(対立利益も踏まえて)
(② 典型事例)
③ 論証
(④ 典型事例のあてはめ)

です。論証では、キーワードになる部分にはアンダーラインを引き、
論理構造がわかるように、単純な文章ではなく、
「↓したがって」のように図のようにしていました。

このように書こうとすると、論点についてしっかり理解できていないと筆が進みません。
逆に言えば、論点を理解するために、理解する過程で、理解しながら論証を作っていたようなものです。
つまり、単なるまとめノートという、後の見直し資料を作る、というだけの目的ではなく、論点の理解という勉強そのものにもなっていたわけです。それが私の言う「効果」です。

時間はかかりますが、時間がないわけでないなら、作って損はないでしょう。ただ、学習が進めば自分の作成したものが気に食わなくなったり間違いに気づいたりするので、修正しやすい媒体(ワード等)で作った方がいいと思います。

また、論証作りは、基本的に、旧試験の過去問を解いて、その問題に回答するのに必要な論点について
過去問を解くことに並行しながら作成していました。そのため、本試験に必要な範囲で情報を絞り込めていたと思います。どの論点をノート化するかということや個々の論点につき、どの程度まで情報を盛り込むかという判断には、過去問を解いてみると分析しやすいです。このようにすれば、情報過多にはなりません。

また、キーワードにアンダーラインを引いておけば、直前期は、そのアンダーライン部分と、↓(接続詞)を追うだけで記憶喚起をある程度高速でできます。

直前期の記事にも書きましたが
作ってあるのとないとでは、
精神的な状況にも大きな影響がありますので
作れるなら作っておいた方がよいでしょう。
ただ、単純に教科書や判例の文言を丸写しするだけ
というようなノートを機械的作業として作るなら
それはほとんど意味はない無駄な時間になると思います。

「勉強」の一環として作るなら
決して無駄な時間にはならないはずです。

Re: No title

>>通りすがりさん
自分はそのような悩みは抱えていなかったので
答えようがありません。

さしあたり、5月の全国模試を複数回受けて
するのとしないとで、どっちが成績がよくなるか
試してみたらいかがでしょうか、
という程度の回答だけさせていただきます。

お返事ありがとうございます。

お忙しい中、お返事くださいましてありがとうございます。
とても参考になりました。
そして、さっそくノート作りをはじめました。

やはりご指摘のとおり、理解していたと思っていたところでも、書いてみると納得のいかない論証が出来上がったり、思うように書けなかったりと、
自分の弱点探しにもなって、とても良いです。
時間はかかりますが、既存のものでは得られない効果だと思います。

勉強の一環として行うというスタンスを忘れずに、手段を目的化することないように根気よく続けていきたいと思います。

ほんとうにありがとうございました。

修習中でたくさんの制約があるかとは思いますが、ログヨミさんの率直な意見がつづられるブログをこれからもたのしみにしております。

No title

既習2年の者です。最近新司法試験の刑事系の過去問を5年連続で書いていたのですが、時間配分等について質問させてください。

直近2年間の問題の自分の時間配分
問題文を一回目読む 10分
問題文を二回目読みつつあてはめにつかうところや取り上げる行為にマーカーを引く 10分
答案構成をしながら考える 20分
40分たってあせって見切り発車する
それで答案用紙だいたい7枚いっぱいまで書く。

直近2年間は、何を書いていいのかよくわからない事態に陥り、問題文分析にやたらと時間がかかってしまいました。問題文分析に時間がかかったせいで、答案構成段階で思考する時間が減ってしまい、結果として満足のいく答案にしあげることができませんでした。

問題文分析の時間をもう少し短くし、思考の時間をもう少し取れるようにしたいと思います。

基礎的な知識や論証を当たり前にできるレベルに持っていくことに加え、演習本や答練を用いて長文の事案の分析の訓練を積んでいくことが大切なのでしょうか?刑法は、刑法事例演習教材を用いようと思いますが、刑事訴訟法はいい教材についてよく知りません。
刑事訴訟法のいい演習教材はありますか?

お忙しいと思いますが、上記した答案を書きはじめるまでの自分の時間配分についてとあわせてアドバイスをいただけると助かります。

Re: No title

>>イノセントさん
ありがとうございます。
ちょっと被災しましてお返事遅れました。すみません。


問題文分析と答案構成の手法については個人差が相当あると思いますので、あくまでも私のやり方とその趣旨を参考として示す程度にしておきます。

まず、私の問題文分析から答案構成に至るまでのステップは、大体以下の通りです。


① 設問文を読んで、形式問いを把握する。
② ①で把握した形式的問いを念頭に問題文を読む
③ 問題文を読む過程で気づいたことはどんどん問題用紙にメモする
④ ③踏まえて答案構成


①を行うのは、これをすることによって、どのような点に意識を向ければよいかがある程度定められるからです。修習生と弁護士の会話等の会話資料も、短いものであれば先に読んでいました。長かったり、問題文を読まないとその会話で何を言っているのかわからない場合には、問題文を読んでからにしていましたが。

次に、問題文を読んでいきます。1度読み通した時に、大体の法律構成の大枠の目途はつけていました。逆にいえば、大枠くらいはつけられるように、気づいたことをメモしながら、ある程度はじっくり読んでいました。答案の出来不出来が決まるのは、答案構成の時ではなく、問題文を1回読み終わったときだと思います。その時に法律構成の大枠程度ができていない場合には、残念ながら実力不足ということだと思います。

そのような方針だったので、問題文を頭から終わりまで読むのは基本的には1回でした。その後は、法律構成の大枠を詰めていく形で、必要に応じて、部分的に、しかし、精密に読んでいました。もっとも、2度目でわからなかった場合でも、2度目でポイントに気づくことは十分にあります。そこで、1度目でわからなかった時には、もう一度頭から読み返していました。大事な事実を見落としていたり、、あるいは、問題文を誤読してしまったり(日時や主体や客体の勘違い等)せいで法律構成がうまくいかないというケースが割とありまして、そういう場合には、もう一度読み直してみると、案外勘違いや見落としに気づくものです(また、どうしても法律構成がうまくいかない、これは未知の論点なのではないか、と思った場合には、即座にこれは現場思考問題だ、と考える前に、事実関係の把握が不適切なせいでうまくいっていない可能性を検討するとよいと思います。私は本番で安易に現場思考だと思ってしまい、しくじりました。)。

2度以上頭から読み直す場合には、やはり時間がかかってしまいます。その場合、答案構成のリミット時間を設けていました。だいたい、答案構成と答案作成時間の比率は、1対2が限界です。わからないまま(=答案構成がしっかりできないまま)書き出すということは、実質的な問い(=出題趣旨)が何かわからないまま書き出すことを意味足ますので、それでは問いに答えた答案にはならず、まぐれ当たりでもしない限り不合格になります。そこで、実質的な問いを把握し、答案構成を練らなければなりません。しかし、いくら考えてもわからないものは、少なくとも、試験場の緊張した状態では、そのまま考え続けてもわかるようにはなりません。そこで、見切り発車が要求される場合もあります。その場合とは、答案構成の大枠はできているが、個々論点や議論にわからない部分がある場合です。その場合、とりあえず書き出してみると、それが気分転換になるのか、その論点に書きいたるときまでにぱっと閃いたりします。これに対して、そもそも法律構成の大枠すらわからない場合には、見切り発車してもまぐれあたりにかけるしかない状況にしかなりませんので、その場合は少なくとも法律構成の骨組みが決まるまではリミットを超えたとしても書き出すのはやめた方がいいです。骨組みも定まらずに書き出して書ききるのは、途中答案よりひどいことになりかねません。

私も、本番の民事系第2問では、設問1や設問4が何度問題文を読んで考えてもまとまらず、まとまらないうちにリミットを超えてしまいました。しかし、錯乱した状態のまま書き出してもどうにもならないと考え、トイレに行くなどして気分転換を図りつつ、なんとか法律構成の大枠を決断し、それまで迷いながら書き連ねていた議論のメモを定めた法律構成に沿って順序よく整合的にまとめ直して一気に書きました(そのため、設問4の答案は、ナンバリング等の文章の形式面が普段と比べるとひどいことになってしまいました。)。分量もそう多くなかったと思います(分量は書けるに越したことはありませんが、それよりも質が大事です。現に自分が置かれた状況の中で、今から書くことのできる最善の答案はどのようなものか、ということを意識していました。理想は質の高い議論を十分な分量で繰り出すことですが、質の伴わない分量だけの答案では合格できませんので、既に十分な分量を書く時間が取れない時間帯に追い込まれたのであれば、その時点から作成可能な最高の答案としては、実質的問いに端的に必要最低限答える答案を最後まで書き切る、ということになります。その結果量が4枚や5枚になろうとも、実質的問いに答えきれていない7枚8枚の答案より評価は高いはずです。)。

答案構成を高速化するためには、おっしゃる通り、既存の論点については、ぱっと思い出せるようにしておくこと、典型的な事案についての法律構成は脊髄反射のようにぱっとできることが大事だと思います。既存の出来合いの論点を思い出したりすることや、典型的な事例の法律構成を考えるのに時間を使っていると、非典型的な現場思考系の問題について考える時間が減ります。その意味で、いわゆる重要論点&重要判例は徹底的に理解して頭に叩き込んでおく必要があります。

さらに、長文事例問題を使っての演習も効果があると思います。しかし、まずは短い典型的な事例を瞬時に法律構成できるようにしておくことが先決ではないかと思います。それが出来たうえで、そのような典型的な事例が
複数絡み合っていたり、未知の問題が混じっていたりする長文問題を解く訓練に移った方がよいと思います。たとえば、刑法であれば、まず平成以降の旧試験の問題で法律構成の訓練をして(旧試験は事実の評価あてはめの要素が少ない分、法律構成の訓練にある程度特化したものとして使えます。)、その後に長文事例で演習するとよいのではないかと思います。

刑訴も、旧試験の問題で典型的な事例(旧試の刑訴は典型事例が多く基本的知識と思考力の訓練に役立ちます。)をしっかりとやっておき、後は新司法試験の過去問をしっかり解いて分析することがよいのではないかと思います。刑訴は残念ながら、今のところ、あまりよい新司法試験型の問題集を私は知らないので問題集の推薦はできませんが、新司法試験の過去問でだいぶ広範囲をカバーできているので、長文事例問題演習としては十分ではないかと思います。


以上、書きなぐるような拙文回答になってしまいましたが、参考になれば幸いです。



プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。