スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判例集

有斐閣の商法判例集を買ってきました。

なかなか評判のよい判例集のようです。

会社法においては百選では判例の数がすくないし、
逆に商法総則・商行為、手形・小切手は多すぎる。
それに、省略部分が多くて議論の運びがわかりにくかったりする。

という理由で買いました。

この商法判例集は会社法が多く、商法総則・商行為、手形・小切手が少ないので
新司法試験と相性がよさそうです。
ただ、欲をいえば、会社法はもうちょっと多くてもよかったかなと思います。
128個の掲載ですが、160くらいあってもよかったのではないかと。
会社法事例演習教材で参考資料に挙げられている判例がざっとみたところ、殆ど載ってないんですよね。

商法に限らず、百選では判例学習としては不十分ですし
かといって原文だと時間がかかりすぎるし(大抵は講義の予習復習で一読はしてますけど)、
印刷して資料化するのも一苦労です。
そうすると、判例が数多く、しかも判旨が長くのっている判例集は重宝します。

そんな風に思い始めたので、随分前から憲法は憲法判例にスイッチしました。

行政法も、試験委員も務めておられる教授が、

「百選では多すぎるので、ケースブックがよい」

とおしゃっていたのと、やはり、判決文の長さという点で、
搭載数は減りますが、ケースブック行政法にスイッチしました。
(ただ、その教授はケースブックの著者の一人なので宣伝の可能性もありますが…)

刑法も、判例刑法総論判例刑法各論にスイッチ。この本は搭載数・引用量共に文句のつけようがありません(むしろ多すぎるくらい)。

民訴・刑訴・民法は検討中。


民法の基礎は276pまで読了。
この辺の話は今ちょうどやってる要件事実と絡んできて興味深いし理解が深まる。
タイムリーだった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私も判例集のスイッチをはじめたところです。
・商法判例集
・ケースブック行政法
・判例刑法総論/各論
まったく同じです(笑)

刑訴法は有斐閣のケースブックにしました。
今読んでいる最中ですが、長さ的にはちょうどいいくらいかなと思っています。

民訴はいい判例集がないですよね。。。

No title

>>兵卒さん
ありがとうございます。

同じですねー。やはりこの3つはよいものですよね。

やはり、ケースブックですか。
私も、刑訴はそれかなぁと考えているところです。
民訴は、ロースクール民訴でなんとかならないかなぁと思うのですが、
重要判例が抜け落ちているので、それ一冊ではどうにもなりません。
百選は、重要判例が後ろの方のアペンディックスに入ってしまっていて
余計事案と議論の運びがわかりにくくて問題ですね。
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。