スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社法の理解のためにちょっとだけ会計の知識を

今年の会社法では自己株式絡みの出題があったそうですね。会社法では、この自己株式を含め、資本や計算のあたりの内容がどうも理解できない、何を言っているのかわからない、という人も多いのではないかと思います。私も、はっきりいって何が何だか分かりませんでした。

この問題を解決するためには、会社法の教科書をしっかり読むというよりも、むしろ会計学の知識を補充した方が効率的ではないかと思います。そこで、おすすめは、日経文庫の桜井久勝「会計学入門」です。全てを読む必要はありません。第4章から6章あたりは飛ばしていいと思います。ざっと読めば、さしあたり、なぜ会社法の計算の規制が必要なのか、そのためにどのような仕組みが必要とされ、実際どのような規制が作られているか、自己株式はどう取扱うのか等についての基本的な発想を含め、純資本の内容、貸借対照表・損益計算書・連結財務諸表の基本的な知識を仕入れることが出来ると思います。かなり読みやすいので、会計に触れたことがない人でも、6時間もあればそれほど苦労しないで読めるのではないかと思います。日々の勉強の合間に1章ずつ読んでいけば1週間で読み終わります。

これを読んだだけで会社法の計算のすべてが理解できるようになる訳ではありませんが、これを読んだ後であれば、会社法の教科書が理解できるようになると思います。会社法に苦手意識のある方は、余裕のあるうちにいかがでしょうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

 いつもためになる記事をありがとうございます。
 
 司法修習では裁判傍聴をする機会がありますが、実際に傍聴し ている手続がどのような手続なのかを適切に理解するためには、刑事訴訟法や民事訴訟法の基本的な理解が必要ではないかと思います。

 ログヨミさんは、司法修習に入る前に何か基本書などを読みましたか?また、民訴や刑訴の手続部分の知識のおかげで、裁判傍聴が有意義になったという実感はありますか?

 長文で申し訳ありませんが、お時間があれば教えていただければ幸いです。

No title

会計の本、参考にさせていただきます。

Re: No title

>たくやさん
ありがとうございます。

修習に入る前には、司法研修所から白表紙と呼ばれる一連の教材が届きます。その中に、「刑事第一審公判手続の概要」「民事第一審手続の解説」という本がありまして、私はそれを修習前に読みました。この2冊はロースクール時代に購入された方も多いのではないかと思います。最低限、この本に書いてある程度のことが分かっていないと、目の前で繰り広げれれている手続の意味が分からないままに、ぼんやりと傍聴を続けるだけになってしまいかねません。

また、民事裁判については、この本だけではちょっと足りないので、できれば民訴の本を読んでおくとよいと思います。論点はいいので、手続き周りをざーっと目を通しておくだけでも、傍聴していてえられる「気づき」が違ってくると思います。問題点に気付ければ、傍聴後に本で調べて問題を解決して知識理解を深めることができます。

私自身、とりわけ刑事では手続き周りの知識が乏しすぎて、刑裁が始まった当初はちょっと反省しました。時間がおありであれば、前記冊子だけでなく、教科書を読んだり、大事な規則にはめをとおしたりといった勉強をしておくとよいと思います。

Re: No title

>3年生さん
ありがとうございます。




No title

 アドバイス、いただきありがとうございました。
 
 発表までは、民訴については、特に手続部分を意識して、自分尾基本書を読みたいと思います。また、刑訴については、規則部分も沢山載っている入門刑事手続法を熟読しようと思います。
 
 お忙しい中、ありがとうございました。
 

No title

いつも拝読して感銘を受けています。

新司法試験のことで質問させてください。
新司法試験では限られた時間の中で答案を作成しなければならないという制約があって、時間をかければきちんと仕上げることができますが、時間内に仕上げるということがとても難しいと感じています。
修習ではもっとたくさんの資料を読み解いて起案しなければならないことにも不安を感じます。
のんびりしているわけではないのですが(と思いたいです)、私はこの点を改善する必要があると思うのですが、なかなか対策が思いつかないので悩んでいます。
今自分自身で考えられる方法としては、
過去問を使って、実際の時間よりも短い時間で答案を作成することです。答案作成を繰り返して、演習を積むしかないのでしょうか。
事案分析にいつも時間がかかってしまい制限時間2時間の問題の答案構成を30分でしたいと思っていても実際には50分くらいかかってしまったりしています。直したいです。
ログヨミさんは時間対策としてどのようなことをしていましたか?また今でも何か心がけていることなどありますか?
特に時間制限との関係で、事案分析や答案構成のためにもし何か工夫されていたことなどありましたら、お忙しいところ大変恐縮ですが、お時間あるときにぜひ教えていただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

No title

ためになる記事が多く参考にさせていただいている,結果待ちの者です。
会計の本をさらっと読んでから会社法の計算をやってみましたが,全然理解が変わると感じました。ありがとうございます。

Re: No title

>>zap5
ありがとうございます。

結果待ちのこの時期に勉強なされているのは素晴らしいですね。
プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。