スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民訴の演習本

事例演習民事訴訟法を買ってきました。
著者は、遠藤先生。早稲田ローの教授だった人です。
司法研修所教官や新司法試験委員などを歴任してます。

民訴の演習本はあまりいいのがないなぁと思っていたので買いました。
うちのロースクールではロースクール民訴を講義で使用してはいるのですが
すべてを扱うわけではありませんし、
ソクラテスメソッドの講義では、指名された学生の能力と教員の講義の能力により、
結局どういうアプローチをしたらよいのかわからないまま終わったりします。
つまるところ、問題に対する「一応の解答」がわからないままになってしまうんですね。
(大抵の問題は自分でおそらくは十分であろうと言う答案を作れますが、
それでは問題抽出の「慣れ」や「知識の確認」はできても、さらなる理解の深化や
答案作成能力の向上にはなかなか繋がりません)

という訳で、ロー民訴は使えない、使いづらい。
問題自体はよい問題もあると思うのですが、コストパフォーマンスが低い。

そこで、この事例演習民事訴訟法です。
思考プロセスの提示という面ではやや弱い感はありますが、
ざっと流し読みしてみた感じでは他の類書よりは優れていると思いました。
これと辰巳のLIVE民訴で演習しておけば
あとは予備校の答練と新試の過去問で演習は十分かなと思います。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。