スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判官

先日、ベテランエリート裁判官の方と、ロー卒判事補の方とお話しする機会を持ちました。
エリート裁判官の方からは、いろいろと裁判官の仕事についてお聞きすることが出来ました。
私は現在、任官に興味を持っているのですが、
なりたいと思ってなれるような職種ではないですし、
その職責も重大ですから、自分にやれるだろうか、という不安もあります。
そのあたりで気になっていることをいろいろと聞いてみたのですが、
とても柔らかな物腰で丁寧に、しかも、やさしく答えていただいて、
いっそう裁判官への魅力が増しました。
ロースクールでは試験科目以外の法律も履修しますし、
理念的に、先端的な議論や、アカデミックな議論をしたりもしますが、
「今、6法をしっかり学んでおけば、将来、知らない法律と向かい合う日が来ても、
その時に勉強すればすんなりと理解できるし、使いこなすことが出来る」
ということでした。税法など実務に出てからは重要だけれども、
それは受かってからでいいよ、とおっしゃっていました。

また、ロー卒判事補の方からは、新司法試験についてのお話を伺いました。
とにかく択一をしっかりやりなさい、とのこと。
3年生の秋になってからじゃ、凡人には間に合わないよ、とおっしゃていました。
当然と言えば当然ですよね。
2年生のときからはじめるとよい、とのことでした。

また、修習中に、今目の前で行われている手続きがどういう意味をもっているのか
なぜ、そういうことをやるのか、ということを常に意識して取り組むとよいとのこと。
それをしないでぼんやりとこなしていると、
1年の修習で物凄く実力差が開くそうです。

最期に、とにかく民法が大事だ、ということでした。
この判事補さんはとても優秀な方なのですが、それですら、上司の裁判官に、
「君はこんなことも分からないのか!」
と日々苦い思いをしているそうです。
また、まだ1年目にすぎない自分からみても、こんなにも民法が分かってないのか!
とびっくりしてしまうような準備書面を出してくる弁護士が多い、とのことでした。
やはり、民法は物凄く大事なようですね。

今、佐久間先生の物権を読み終わって、中田先生の債権総論を読んでいるところですが
この試みはおそらく正解のようです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。