スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬休みももう終わり

なんだかあっという間です。
学校が始まるという現実が受け入れがたいですね。
長期や墨の中でも、とりわけ、この冬休みというものは
短い上に、終わるとすぐに恐怖の提起試験が待ち構えているということで、
元日をすぎるともう緊張感が出てくるのです。
なので、なかなかリラックスができない。
その割りに、親戚の家に行ったり、
地元の友人たちと飲んだり
やるべきこと(?)がいろいろとあって、
なかなか勉強もはかどらないんですよね。

戦わなくちゃ、現実と。

ということで、この冬何をやったか。書き出してみましょう。

問題研究要件事実         1周
紛争類型別の要件事実      1周(ただし、借地借家などの細かいところは飛ばした)
要件事実論30講          第9講まで
債権総論(中田裕康)       上3つで扱われる部分を中心。(相殺出てたら相殺全部といった具合)
民法の基礎2 (佐久間毅)     同上
基本講義債権各論(潮見佳男)  同上
事例研究行政法          10問
宇賀・塩野・桜井・ケースブック  問題演習に必要だった部分を中心。
刑事訴訟法講義(池田・前田)  後半手続から全部
刑訴判例百選・ケースブック   上で出てきた判例
肢別本(刑訴)           上にあわせて
商法のレポート           まだ途中
短答模試               226/350
民事訴訟法             まとめノート通読

大体主要なのはこんなものでした。
うーん、やはりちょっと不満が残る。
怠けたわけではないけど、他に時間を取られちゃった。
商法と民訴法ができなかったし、
授業の復習もしたかったのだけど。
ただ、要件事実の基礎をみっちり勉強できたので、
あとはこまごまとしたものを押えていけばよい。
そうすると、要件事実の2科目は、なんとかなりそう。
商法系が2科目あるが、これはもとから得意科目なので、
会社法入門(前田庸)を通読と江頭の重要部分を読んで、あとは会社法100問で
答案構成すればよいだろう。
行政法は事例研究をやりこんだので、大分カンがつかめてきた。
あとは知識の正確性を高めたい。
民訴法はちょっと手薄になったので、週末を利用して磨き上げよう。
刑訴は今期の試験範囲である主要な手続は抑えたので大丈夫だろう。

うん、まぁなんとかなるかな。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。