スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーカーのひき方

慶應の平野先生の司法試験受験生時代のやり方。
参考にメモ。


平野 基本書が中心で、十回ぐらいは読まなければ
いけませんね。徹底的に。それから、私が合格した唯一の
原因は基本書の中にあり、次のようなものなのです。
それは蛍光ペンで色、形で記号を分類し、
基本書の著者の結論を赤の星印、理由を赤丸、
その反対説の結論を緑の星印、理由を緑の丸、そして、
錯綜する学説を第三者的立場から説明する部分で
著者の結論と一致するものに紫の星印、理由で一致
するものに紫の印をつけ、
その他、立法趣旨には青の星印、解釈の指針
にはオレンジの星印、概念は赤の四角、
解釈上の争点は二重丸でそれぞれチェックし、
棒線も色分けし、判例は黄色、条文の文言
そのままは青、条文を解釈レベルまでいかない程度に
砕いて説明した文はオレンジ、そして解釈上の争点が
生じる原因にはピンクをそれぞれ引いた。
この方法によれば、論文対策は必要でなく、
基本書を読むことで、答案構成ができるし、速続も
できるのです。この方法で、一日十時間ぐらいで、
二時間ずつほどで七科目やりました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。