スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社法の本

今期は複数会社法のテストがあります。
それのテスト対策をはじめてみて、
会社法の本は、どれか一冊にしぼるのが難しいなぁ
と改めて思いました。

今までは、ガバナンスとファイナンスに分けて講義がありまして、
ガバナンスについてはWセミナーの「コンパクトデバイス」
ファイナンスは、宣誓のレジュメを元に講義内容やさまざまなテキストから情報を打ち込んだもの
でA+を奪取してくることができました。
もちろん、江頭先生、前田先生、神田先生の教科書に、百選を併読しています。

ちなみに、ガバナンスに限っていえば、コンパクトデバイスはまとめノートとしてはかなり有用です。
予備校本を意味もなく毛嫌いする人もいますが、それは損をしていると思います。
ちゃんとした理由があって使わない、というのが正しい姿かと。
ちなみに、組織再編にはおもいきり嘘が書いてあるので、そこは使ってません。

本題に戻すと、このように、ガバナンスとファイナンスで使ってきたツールが異なっているんですよね。
基本書も、3冊つかっていていますし。
主には前田ですが、しかし、江頭先生も結構読みます。
何かに一元化したいのですが、
前田先生も江頭先生も分量が多すぎるように思えるし、
(司法試験委員の先生が、江頭先生のテキストは通読向きじゃない。辞書とおっしゃった。)
逆に、神田先生は薄すぎるんですよね。
龍田先生も評判がいいようですが、いまさら、新しい本に手を出す気にもならない。

そして、レジュメ作ろうにも、ガバナンスはまったくないので、一から作る必要があり、
これだと時間がかかりすぎるようにも思う。
それだったら、前田、江頭で読むところを決めておくほうがいいか、とも。

うーん、この科目だけは本当に悩ましい…。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。