スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一行問題

旧試験では民訴はずーっと一行問題が出ています。
けれども、新司法試験ではもっぱら事例問題が出題されているので、
(といっても、実質的には一行なのでは?とも思えるものもありますが)
旧試の問題演習を行う人も、事例問題しか解かない、という人が多いようです。

しかし、民事訴訟法は、各概念の理解と
その体系上の位置づけ、他の概念との相互関係
といったものが非常に重要視されていますよね。
だからこそ、旧試では、今でも一行問題が出題され続けている訳です。

そして、新司法試験になっても、やはり、民訴においては、各概念の理解とか
体系上の位置づけ、相互関係というものは当然重要視されていることが伺えます。

司法試験委員の先生の話では、
一行問題を出題することも可能である、との合意が獲られたそうです。

そうすると、旧試の一行問題を検討することは、
必須の作業ではないかと思います。
これによって、各概念の理解等を深めることが出来ますので、
それは、事例問題を解く上でも非常に有益だと思うんです。


こんな風に私がプッシュするのは、
自分が嫌がって全然解いてなかった一行問題を解きだしてみたら
民訴の理解が明らかに深まったからなんですけどね笑
主には、複数の制度の連関を理解できるというところが、
ただ教科書を読んでいるだけではなかなか得られない効用でしょうか。
いまエラソーに語ったことは予備校やら先輩やらから聞いてはいたのですが
やりたくないからやらなかった。
事例しか出ないから事例だけやればいいと思っていた。
けど、事例問題しかやってないと事例問題も解けないんですよね。
変な話ですけど。

という訳で、一行問題はおすすめです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ログヨミ

Author:ログヨミ
判事補。
https://twitter.com/roguyomi34

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。